看護の専門性が高まるにつれて、キャリアアップを志す看護師さんが増えています。中でも、一般の看護師の枠を越えて活躍出来る「ナースプラクティショナー」に関心を寄せている人も多いと思います。

ナースプラクティショナーはアメリカなど海外では公的な資格として認められ、看護師でも外来診療や処方ができ医療の現場で大活躍しています。しかし、日本ではまだ国家資格とはなっていませんので、ふつうはナースプラクティショナーになっても残念ながら、海外のように診療や処方ができるわけではありません。

ただ、日本でも海外のナースプラクティショナーに近い活動ができる病院もあります。また「どうしてもナースプラクティショナーとして診療や処方をしたい!」と言うことなら海外に留学して資格を取得し現地で働く事も可能です。日本を離れることに躊躇する場合は現段階では、キャリアアップの方向性として専門看護師などになると言う選択肢も考えられるでしょう。

続きを読む