治験コーディネーターになりたい看護師|仕事内容、メリット・デメリット、FAQ

「治験コーディネーターって看護師よりも楽って聞いたから、治験コーディネーターに転職してみたい」と思っている看護師さんや、「治験に興味がある」看護師さん、治験コーディネーターについてきちんと理解していますか?

治験コーディネーターは治験業務全般を医療機関の立場からサポートする仕事です。

治験コーディネーターになると、(1)医療の発展に携わることができる、(2)患者さんと接することができる、(3)土日祝日が休みになる、(4)日勤のみで働ける、(5)デスクワーク中心の仕事である、いった5つのメリットがあります。

デメリットは、(1)臨床に戻りにくくなること、(2)人間関係でストレスがあること、(3)パソコンスキルが必須であることの3つです。

また、看護師から治験コーディネーターへ転職するのに向いているのは、次の5つのタイプの人です。 

  1. 治験に興味がある人
  2. 家庭と仕事を両立させたい人
  3. 看護師の仕事が体力的にきつい人
  4. 事務作業が得意な人
  5. コミュニケーションスキルが高い人

治験コーディネーターに転職するなら、治験コーディネーターに関する疑問を全て解消して、失敗なく、転職するようにしましょう。

続きを読む