仕事

看護師の腰痛|緊急時の対処法5つから、改善&予防法8つ、おすすめ転職先8つまで!

看護師の腰痛|緊急対処法5つ、改善&予防法8つ、おすすめ転職先8つ!

腰痛に悩んでいる看護師さんは多いと思います。

腰痛は看護師の職業病とも言われています。日本看護協会の調査によると、腰痛を抱えている看護師は51.7%にのぼっています。

勤務中に急な腰痛が起こったら、まずは安静にして、腰を冷やし、鎮痛薬を服用しましょう。

また、整形外科を受診して、診断書をもらっておくと良いでしょう。

さらに、慢性的な腰痛の改善、腰痛の予防には、「ボディメカニクスを見直す」、「無理はしない」、「腰に良い栄養素を摂る」、「腹式呼吸をする」、「適度な運動をする」、「コルセットをつける」、「接骨院に定期的に通う」、「腰を温めるようにする」といった8つの点に気をつけてください。

腰痛を抱えていて、病棟業務が辛いという人は、看護師を辞めるのではなく、腰に負担がかからない看護師の職場に転職すれば、腰痛と上手く付き合いながら働くことができるでしょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

看護師のうつ|すぐわかる!今すべきコトと安心復職の重要ポイント5つ

うつの看護師がすぐにすべき事と安心に復職する為のポイント5つ。

看護師は「うつ」になりやすい職業と言われています。

毎日毎日、たくさんのストレスにさらされながら働いていたら、うつになるのも当然と言えるかもしれません。

厚生労働省の「平成27年度 過労死等の労災補償状況」(PDF)によると、中分類の業種別では精神障害での請求件数は「医療」が第2位、支給件数は第3位となっています。

「うつかもしれない」と思った看護師さんは、簡易チェックをして、うつの可能性が高い場合は、精神科や心療内科を受診し、適切な治療を受けるようにしてください。

うつの最大の治療法は休むことですが、有給や休職制度では心からリラックスして休養できなかったり、師長に休暇をもらえないという場合は、思い切って退職するのも良いでしょう。

うつは適切な治療を受ければ治る病気です。うつが治って、心身ともに元気になったら、また復職すれば良いのです。

現在は看護師不足が深刻ですので、復職したいと思ったら、またいつでも看護師として働けますから、心配する必要はありません。

復職する時には、「前職でうつになった原因を考えること」、「ゆとりを持って働けること」、「人間関係が良いこと」、「うつ病の予防法を実践すること」、「常勤にこだわらないこと」の5つに注意して復職先を探すと、うつからスムーズに復職することができます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新人看護師必見!部屋持ち看護師の役割と部屋持ちを楽にこなす9つのコツ

部屋持ち看護師の役割と部屋持ちを楽にこなす9つのコツ

「部屋持ち看護師」とは、割り当てられた病室の患者さんを責任を持って受け持つ看護師のことです。

部屋持ち看護師になると、フリーの看護師よりも患者さんへの責任が重くなります。

また、早めに出勤して情報収集をし、勤務中は常に時間に追われ、さらには看護記録や雑用などで残業をしなければいけないので、部屋持ちになることを苦痛に思っている人も多いと思います。

特に新人看護師の場合は、部屋持ちの仕事が上手くできない、時間通りに仕事を進められない、ミスが多いなどの悩みも加わりますので、毎日仕事に行くのが苦痛で苦痛で仕方がないという人もいるのではないでしょうか?

新人看護師さんは、以下の9つのコツを実践すれば、部屋持ちの仕事をスムーズに効率よく行えるようになるはずです。

  1. 情報収集は念入りに行う
  2. タイムスケジュールは細かく立てる
  3. 要注意患者の目星をつける
  4. イメージトレーニングをする
  5. 優先順位は明確につける
  6. 付箋やタイマーを活用する
  7. 無理そうだったらフリーに声をかける
  8. わからないことがあれば、すぐにリーダーに相談する
  9. 先輩看護師に振り返りをお願いする

また、どうしても辛いという場合は、師長に相談して、部屋持ちの患者さんの人数を減らしてもらったり、重症度が低い患者さんを中心に部屋持ちさせてもらいましょう。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

憧れのフライトナースになりたい!最短の道・仕事内容・必要な資格など丸わかり

「フライトナース」とは、ドクターヘリに搭乗して、救急現場にいち早く駆けつけ、患者さんの命を救う看護師のことです。

「フライトナース」とは、ドクターヘリに搭乗して、救急現場にいち早く駆けつけ、患者さんの命を救う看護師のことです。

フライトナースは高い救急看護のスキルや予測力、柔軟な対応力、テキパキ仕事をするスピード、リーダーシップと協調性、コミュニケーションスキル、乗り物酔いをしない体質を持っている必要がありますので、看護師の中でも選ばれし存在と言えるでしょう。

「フライトナースに憧れている!」、「フライトナースになりたい!」という看護師さんは、ドクターヘリのある病院の救急部門で働きましょう。

そして、救急看護の経験を積みながら、フライトナースの仕事に役立つ資格を取得し、フライトナース委員会の選出基準を満たして、病院内でフライトナースに選出される必要があります。

フライトナースになれば、救急車の搬送では救えない患者さんの命を救うことができ、救急医療の最前線で働くことができます。

Photo: http://paducahlife.com/day-life-taking-flight

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

危険!増加するモンスターペイシェントから身を守る5つのポイント

モンスターぺーシェントは危険な存在です。対処は協力して行いましょう。

あなたはモンスターペイシェントに遭遇したことがありますか?モンスターペイシェントの対応に困ったことはないでしょうか?

近年、モンスターペイシェントの増加が社会問題となっています。

モンスターペイシェントは、暴言・暴力、理不尽な要求等で看護師を苦しめる存在で、モンスターペイシェントによって、看護師が退職に追い込まれることもあります。

モンスターペイシェントに遭遇したら、「身の安全を確保」し、「よく話を聞き」ながらも、むやみに「謝罪せず」、「複数で対処」するようにしましょう。そして、必ず「師長に報告」してください。

この5つの対策を実践すれば、モンスターペイシェントからあなたを守り、被害を最小限にすることができるでしょう。

また、日ごろから患者さんとのコミュニケーションをしっかり取る事や対応マニュアルを作ることで、モンスターペイシェントを生み出さず、予防することができるのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

看護師が人気の日程で夏休みをゲットする5つのポイント!ただし新人は5項目に注意を

人気の時期に夏休みをゲットしよう

看護師の夏休みはサラリーマンやOLのように「お盆の時期にみんな一斉」に取るのではなく、7~9月に交代で取ることになります。

そのため、夏休み希望がほかの人と重なると抽選になってしまい、希望の時期に夏休みが取れないと悩む看護師さんは多いのではないでしょうか?

また、新人看護師は「1年目なのに夏休みを取っていいのかな?先輩に睨まれないかな?」と心配している人もいるでしょう。

看護師の夏休みは、リフレッシュできる機会という面の他に、職場の人間関係を左右しかねない争奪戦という一面を持っています。

人間関係を壊さずに希望の時期に夏休みを取るためには、(1)お盆の時期はできるだけ避けて、(2)他の人がいつごろ夏休みを取るのかをリサーチし、(3)根回しをしっかりして、(4)半分重ねのテクを使って、(5)早めに希望を出すことが大切になります。

新人看護師の夏休みについては、(1)夏休みを取って良いのですが、(2)1週間以上は休まないこと、(3)1年目は先輩看護師の希望を確認してから休み希望を出すこと、(4)人気の時期へ希望を出すのは冠婚葬祭のみにすること、(5)同期と一緒に夏休みを取らないこと、を守って夏休みを楽しみましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ジャニーズのコンサートが見放題!?イベントナースの仕事がよく分る8つの事実

イベントナースはコンサートを見る事が出来るのでしょうか。

コンサートやライブ会場など、人がたくさん集まるイベントで働く看護師のことを「イベントナース」と言います。

「コンサートやライブ会場で働けるなんて楽しそう!私もイベントナースの仕事をしてみたい!」と思う看護師さんも多いと思います。

イベントナースはコンサートやライブ会場以外に、夏フェスやアイスショーなどの音楽イベント、スポーツイベントなどでも働きますが、残念ながらイベントを見学することは通常はできません。

しかし、イベントに参加する事で、アーティストとの一体感や、「特別感」が得られたり、非日常の新鮮な雰囲気の中で働く事でリフレッシュ出来たりとメリットもたくさんあります。

イベントナースはコンサートやライブ会場で、急病人が出た時に対処するのが仕事になりますので、判断力やスピード、幅広い知識が要求されます。

また、イベントナースの求人はあまり多く出回っていないので、イベントナースとして働くなら、友人のツテや転職サイトを使うと良いでしょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

初心者の退院支援看護師さん必見!退院支援について0から解説!

退院支援看護師の仕事について。

近年、「退院支援」に力を入れる病院が増えてきています。あらたに退院支援の仕事をすることになる看護師さんや、退院支援について理解を深めたい看護師さんも多いかと思いますが、退院支援とは、また退院支援看護師とは具体的にはどういうものでしょうか。

退院支援とは、入院中の患者さんが退院後に自宅で安心して療養できるように支援・ケアすることです。退院支援は看護師が行うことが多く、退院支援を専門に行う看護師は退院支援看護師と呼ばれています。

退院支援は、(1)退院支援が必要な患者のスクリーニング、(2)退院支援の方向性を固める、(3)退院後に使用する制度やサービスの調整という3つのステップで行われますが、医療者主導ではなく、患者さんの意向に沿った形で退院支援するようにしなければいけません。

そして、より良い退院支援を行うためには、退院支援に必要なスキルを身につけ、スキルアップしていく必要があります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

おすすめの聴診器はコレ!「聴診器」選びのポイント3つを徹底解説!

看護師は良い聴診器を使いましょう。

看護師の仕事をしていると、聴診器は欠かすことができないものですよね。

「以前使っていたものが古くなったから」、「今までは職場の共有のものを使っていたけど、自分専用のものが欲しくなったから」などの理由で、聴診器の購入を考えている看護師さんは、どんな聴診器を買おうか迷ってしまうと思います。

聴診器は世界的に有名な「リットマン」のものがオススメですが、【ベル面は必要かどうか】、【値段はどのくらいのものが良いのか】、【重すぎないか】の3つのポイントを考えて、その中から、あなたの好みの色の聴診器を選ぶと良いでしょう。

どの聴診器にするかを決めたら、カタログ通販かインターネット通販か、あなたに合った方法で購入しましょう。

また、聴診器の使い方をもう一度確認しておくと、いざ使おうと思ったときも戸惑いなく聴診器を使いこなせるはずです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

この髪色NG!?新卒・新人看護師はこの2点からチェック

新人看護師に適切な髪色はどのような色でしょうか。

看護師はどのような髪色にすべきでしょうか。どのくらいの髪色なら職場で許されるのか、具体的にどの髪色ならOKなんだろうと心配になりますよね。

新人看護師はJHCAレベルスケールのレベル7以下の落ち着いた髪色にすると、患者さんからも先輩看護師からも好印象を持ってもらえますので、仕事がスムーズに進みます。

また、看護師の国家試験受験では髪色は自由ですが、就職試験や入職式では看護師としてふさわしい髪色に変えなくてはいけません。

少しでも髪色を変えてオシャレを楽しみたいなら、2年目になってから先輩看護師を参考にして髪色を変えると良いでしょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0