看護師に疲れた時すぐ取りかかるべき3つの解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
看護師に疲れた

看護師の仕事は激務です。力仕事や夜勤で身体はクタクタ。職場の人間関係や患者さん・医師とのかかわりで精神的にグッタリ。毎日「疲れた、もう嫌」と考えながら仕事をしている看護師さんも多いと思います。

「疲れた」を解消するには、視点を180度変えて考えてみたり、思い切って休職制度を使ったり、退職してゆっくりと休む必要があります。

「疲れた」をそのままにして仕事を続けていると、身体を壊したり、バーンアウト症候群(うつの一種)を発症するリスクが高くなります。看護師に疲れたと感じたら、あなた自身を守るためにすぐに対策を取りましょう。

看護師転職の実績No1!「ナース人材バンク」はコチラ!

視点を変えて考えてみる

疲れた状態では思考がストップしやすいのですが、視点を180度変えて考えてみましょう。たとえば、「看護師の仕事は、いつでも自分が好きな時に辞めることができる」と考えてみるのです。

そうすると、疲れに耐えて仕事を続けること以外の選択肢が出てきますので、精神的に楽になるはずです。

また、転職サイトに登録して、看護師専門の転職コンサルタントに相談することでも、自分では思いもよらなかった具体的な疲れに対する解決策を得られることがあります。

疲れがピークに達すると、視野が狭くなり、柔軟に物事を考えられなくなってしまうものです。「疲れた。もう嫌だ。でも、明日もまた仕事か。」、頭の中はこういうことでいっぱいになってしまいます。

でも、視点を変えて考えるだけで、視野が広がって、今の疲れた状態を変える選択肢を思い浮かべることができるのです。ただ、思い浮かべるだけ、理解するだけでも、気持ち的に楽になりますよ。

いつでも辞めることができると開き直る

心身共に疲れたと感じたら、「いつでも仕事を辞めることができる」、「仕事を辞めるタイミングは自分で決められる」と開き直ってみましょう。法律的には2週間前に申し出れば、いつでも自分の好きなタイミングで退職することが可能です。その2週間だって、「体調が悪いので出勤できません」と休んでしまう事だって出来るのです。

視点を変えて、自分の好きなタイミングでいつでも仕事を辞められると思えば、少し心が軽くなるはずです。「今よりもっと疲れたら辞めちゃおう」と疲れたことに対する解決法を持っているだけでも、精神的にはだいぶ楽になるものです。

毎日毎日仕事に追われて疲れた状態が続くと、仕事がつらくて休みたいと思っても、「我慢して仕事をする」という選択肢以外がなかなか思い浮かばなくなります。

疲れていると、それだけ頭が働かなくなって思考停止状態に陥り、ただ目の前の仕事を淡々とこなすだけでいっぱいいっぱいになりますから。

そういう状態の時には視点を変えて、我慢して仕事を続ける必要なんてないこと、疲れたらいつでも辞められることを今後の選択肢として頭に入れておくと良いでしょう。

看護師専門転職サイトのコンサルタントに相談してみる

転職サイトで求人を見たり、転職コンサルタントに相談してみるのも良い方法です。実際に転職しなくても、転職することで今の疲れの原因を解決できるとわかれば、気持ちの切り替えができて、「もう少し頑張ってみようかな」という気力も湧いてくるはずです。

転職サイトはたくさんの看護師求人を扱っていますので、その求人を見ているだけでも、「こんな職場があるんだ」、「今よりも良い条件の求人がある」という発見があり、疲れたあなたの逃げ道を見つけることができます。

また、看護師専門の転職コンサルタントに、疲れに関して相談してみると、自分では考え付かなかった具体的な解決法を教えてもらえるかもしれません。

大手の看護師転職サイトは東証一部上場企業ですので、安心して相談できます。こうした企業は長期的な形での利益追求をしているので、サービスを無料で利用出来るだけでなく、相談されたからと言って直ぐに転職を勧める事もありませんし、引き続きの相談の必要が無くなったら、直ぐに連絡も止めてもらえますので気軽に利用して見ると良いでしょう。

病院の休職制度を使って休む

疲れて心身共に限界、体調不良で長期療養したいという場合は、休職制度を使ってゆっくり休むのも良いでしょう。休職すれば、数ヶ月単位で仕事から離れて、ゆっくりと疲れた身体と心を休めることができます。また、元の職場への復帰できることが保証されているというメリットもあります。

有給休暇を使えば、1週間程度の休暇をもらえるかもしれません。でも、1週間程度の休みだと、ふとした時に仕事のことを思い出したり、無意識に仕事に復帰するまでのカウントダウンをしてしまうことがあります。

でも、数ヶ月単位で長期間仕事を休めることが保証されていれば、仕事のことを完全に忘れて、疲れた身体と心を癒すことに専念することができるのです。

そして、今の仕事にやりがいを感じているけど疲れてしまった人、疲れが癒えたら慣れた職場でまた働きたい人にとって、元の職場に復帰できることは大きなメリットになります。

気になるのは、収入や昇進など休職したことでのデメリットです。でも、収入面については診断書を提出すれば傷病手当が支給されますので、収入ゼロということにはなりませんので安心して下さい。

また、昇進については疲れた状態で無理して仕事を続けても、ミスが増えて上司の評価を落としてしまうリスクもありますし、今の職場でどうしても看護師長や看護部長に昇進したいという強い希望がなければ、それほど大きなデメリットにはならないでしょう。

職場を退職して休む

疲れたしもう今の職場で働きたくない、休職制度を使わせてもらえないという人は、退職してゆっくり休むことも看護師に疲れた現状を解決するための1つの選択肢です。

退職すれば、疲れの原因である仕事から完全に解放されることになりますので、「疲れを癒す」ということだけに焦点を当てれば、退職が最善の方法になります。

とにかく今の職場から逃げたい、何も考えずにゆっくり休みたい人は、休職よりも退職を選んだほうが良いでしょう。思い切って退職すれば、疲労から解放されるだけでなく、仕事に関係するすべてのストレスから解放されます。

今あなたが感じている疲れは、どのくらいの期間で回復するかわかりません。1ヶ月間ゆっくり休めば回復するかもしれませんし、半年以上休んでもイマイチ仕事へのやる気が湧いてこないかもしれません。

休む期間や再就職する時期を自分で決めることができる、さらに再就職するかどうかさえも自分で決めることができれば、焦らずにゆっくり休むことができるでしょう。

退職する上での心配事は、経済的な不安と再就職についてだと思います。退職すれば、収入はなくなりますが、たいていの職場は勤続3年以上で退職金が支給されますし、条件を満たせば退職して3ヶ月後から失業保険を受給することができますので、そんなに不安を感じる必要はありません。

また、再就職も不安に思わなくて大丈夫です。看護師の求人はたくさんあります。厚生労働省のデータによると、平成25年度の社会人全体の有効求人倍率は0.98倍ですが、看護師・保健師・助産師に限定すると3.46倍もあるんです。

ですから、再就職の心配は不要です。それでも不安な人は早めに看護師転職サイトで相談しておくと、理想的なおいしい掘り出しものの求人などが見つかったり、苦労することなく再就職先を見つけられるでしょう。

まとめ

仕事に追われていると、限界ギリギリまで疲れてしまい、 思考停止状態になることがよくあります。そういう時は視点を180度変えて考えてみることで、気持ちが楽になって視野が広くなります。また思い切ってゆっくり休むと、疲れた心と身体を回復させることができるのです。

もし、退職して休んだ後に再就職先を探すなら、次は疲れにくいところを探しましょう。夜勤で疲れた人は日勤のみの職場を、忙しくて疲れた人は残業がなくゆとりのある職場を、人間関係に悩まされた人は人間関係が良い職場を選ぶようにして下さい。

「疲れたけど仕事だから仕方がない」と思って、そのまま何もせずにいたら、働けなくなるほど心身を壊してしまうかもしれません。その前に、何らかの対策をして疲れた身体と心を癒すようにしましょう。

>> 【 無料 】登録1分!超好待遇の職場が見つかると評判!「ナース人材バンク」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【無料】イチオシの看護師転職サービスはコチラ!

「看護ワールド」イチオシの看護師専門転職エージェントは「ナース人材バンク」さんです。年間利用者10万人以上で、非常に多くの看護師さんに評価されている事が分かります。


運営は安心・信頼の東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスさん。全国16拠点を中心にサービスを展開していて、どこに住んでいても充実したサポートが受けられます。


もちろんサービスは全て無料!全国の医療機関の支えで成立しているサービスなので、看護師さんには負担は一切かかりません。


理想の職場探しから、仕事探しの相談、聞きづらい質問や条件・希望を代わりに交渉してくれたり、面接や履歴書などの書き方まで専門のコンサルタントがサポートしてくれます。


kangoworld-in-banner2a-555


→→  【PR 】 看護師転職の実績No1!「ナース人材バンク」はコチラ!


無料で非公開求人を見てみる!>>

SNSでもご購読できます。