公務員看護師の職場6つと就職法・注意点を徹底解説!裏ワザも!

看護師は公務員として働く事が出来ます。待遇は更に安定し給与もアップします。

近年、公務員は人気No.1の職業ですよね。「そんなに人気なら、私も公務員になろうかな。でも、看護師って公務員になれるの?看護師が公務員になるとどんなメリットがあるの?」と疑問に思っている看護師さんは多いと思います。

看護師が公務員として働ける職場は、公立病院や公立診療所、保健所(保健センター)、公立の看護学校、公立の地域包括支援センター、国立ハンセン病療養所、厚生労働省の内部部局などがあります。

看護師が公務員になると、身分が保証されますので仕事の安定性を得ることができ、給料や待遇が良いというメリットがありますが、求人を探す時は運営母体や雇用条件を確認しないと、公務員を目指したのに公務員ではなかった、安定性なんて全然得られなかったという事態になりかねません。良く注意しましょう!

また厳密には「公務員」ではありませんが、ほぼ同様の好待遇、高給与で勤務出来る「国立病院機構」もおすすめです!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

看護師に向かない性格?実はあなたにぴったりの職場はココだった!

看護師には性格別に最適な職場があります。

「私の性格って看護師に向いていないのかも?」、「給料や待遇に不満はないけど、職場に漠然としたストレスを感じている」という悩みを持っていませんか?

そのような悩みは、あなたの性格が職場に合っていないことが原因かもしれません。看護師に求められる性格は「これ」と決まっているわけではなく、職場によって変わってきます。

もし、あなたの性格に合った職場で働けば、職場への満足度を上げることができ、今あなたが抱えている悩みがすんなり解決するかもしれません。

職場選びは、興味のある診療科・分野、待遇面だけでなく、あなたの性格に合っているかどうかも考慮する必要があります。「性格診断チャート」であなたに合った職場を知って、これからの転職先選択の参考にしてみましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

希望の職場に採用確実!看護師の「面接」対策完全マニュアル

看護師の転職面接で大事なのは受け答えと社会常識と好感度です

看護師が転職しようと思ったら、まずは求人探しからスタートし、希望に合った求人を見つけたら、履歴書と職務経歴書を作成して求人に応募し、面接を受け、内定が出て、転職先に入職という流れになります。

この一連の流れの中で、転職活動をする看護師さんの大きな壁として立ちはだかるのが面接です。面接がうまくいくかどうかで、採用されるかどうかが決まるといっても過言ではないのです。

そのため、面接対策は万全にしておかなくてはいけません。面接日が決まったら、もう面接へのカウントダウンは始まっています。すぐに準備を始めましょう。

面接の事前準備をしっかり行い、面接では社会人としてのマナーに気をつけ、面接官に好印象を持ってもらえるような回答や振る舞いを心がけることが採用への重要なキーポイントになります。面接を成功させて、希望の職場への採用を勝ち取りましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0