新人看護師必見!部屋持ち看護師の役割と部屋持ちを楽にこなす9つのコツ

部屋持ち看護師の役割と部屋持ちを楽にこなす9つのコツ

「部屋持ち看護師」とは、割り当てられた病室の患者さんを責任を持って受け持つ看護師のことです。

部屋持ち看護師になると、フリーの看護師よりも患者さんへの責任が重くなります。

また、早めに出勤して情報収集をし、勤務中は常に時間に追われ、さらには看護記録や雑用などで残業をしなければいけないので、部屋持ちになることを苦痛に思っている人も多いと思います。

特に新人看護師の場合は、部屋持ちの仕事が上手くできない、時間通りに仕事を進められない、ミスが多いなどの悩みも加わりますので、毎日仕事に行くのが苦痛で苦痛で仕方がないという人もいるのではないでしょうか?

新人看護師さんは、以下の9つのコツを実践すれば、部屋持ちの仕事をスムーズに効率よく行えるようになるはずです。

  1. 情報収集は念入りに行う
  2. タイムスケジュールは細かく立てる
  3. 要注意患者の目星をつける
  4. イメージトレーニングをする
  5. 優先順位は明確につける
  6. 付箋やタイマーを活用する
  7. 無理そうだったらフリーに声をかける
  8. わからないことがあれば、すぐにリーダーに相談する
  9. 先輩看護師に振り返りをお願いする

また、どうしても辛いという場合は、師長に相談して、部屋持ちの患者さんの人数を減らしてもらったり、重症度が低い患者さんを中心に部屋持ちさせてもらいましょう。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「試用期間」って何?転職希望の看護師の不安・疑問を6項目で徹底解消!

求人情報を見ている時、または採用前に労働条件を確認している時に「試用期間あり」という文字を見て、「試用期間って何だろう?本採用とは違うの?」などの不安を持つ看護師さんは多いと思います。

試用期間とは、そこのスタッフとして適格かどうかを見極めるための期間で、入職後16ヶ月程度設けられることがあります。

試用期間といっても基本的には本採用時と給料や待遇は変わりませんし、簡単に解雇されることもありません。

また、試用期間は病院や施設側があなたの適性を見極めるだけではなく、あなたが「その職場で長期間働いていけるか」を見極める期間でもあります。また、試用期間中に退職することも問題ありません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0