看護師の楽な仕事の4条件|ずばり稼げて楽な病棟・診療科・職場はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽な仕事で稼ぐ看護師

看護師の仕事は体力的にも精神的にもハードです。

毎日、仕事が終わるとグッタリ疲れて、何もやる気が起こらない。精神的にストレスが溜まってイライラしてしまう。

こんな過酷な労働環境の中で、ギリギリまで頑張っているのに、「看護師だから仕方がない」と諦めていませんか?

実は、看護師の仕事の中にも「楽な仕事」はあります。

看護師の仕事は、すべてがハードというわけではありません。

楽な仕事を探すなら、まず、

看護師の楽な仕事 4条件!

  1. 通勤が楽
  2. 年間休日が多い
  3. 有給休暇を消化できる
  4. 人間関係が良好

4つの条件は外せません。

これらの条件を満たした上で、とくに楽な病棟、診療科、職場の中から選べば、希望するような楽な仕事を見つけることが出来ます。

楽な病棟なら療養型病棟でしょう。また、楽な診療科なら、皮膚科や糖尿病内科、心療内科になります。

そして楽な職場としては、特養(特別養護老人ホーム)やデイサービス、健診センター、保育園があります。

さらに、「楽で高収入」を得たいなら、有料老人ホームや透析クリニックに転職したり、CRCClinical Research Coordinator=治験コーディネーター)として働くと良いと思います。

体力的にも精神的にも楽な仕事をすれば、看護師の仕事の楽しさを再確認することができますし、プライベートを充実させることもできますよ。

看護師の楽な仕事はこの4つの条件は外せない

看護師の楽な仕事はこの4つの条件は外せない

看護師が楽な仕事だと感じためには、次の4つの条件は外すことができません。

看護師の楽な仕事 4条件!

  1. 通勤が楽
  2. 年間休日が多い
  3. 有給休暇を消化できる
  4. 人間関係が良好

どのような職場で働く場合でも、この4つの条件を満たしていないと「楽」とは感じません。

逆に言うと、忙しくて大変な職場でも、この4つの条件を満たしていれば、そこまで大変だとは思わないのです。

通勤が楽

通勤が楽

「楽な仕事だ」と感じるためには、「通勤が楽」でなければいけません。

いくら楽な仕事でも、通勤が片道1時間以上かかって、しかもバスと電車を乗り継いでいたら通勤だけで疲れてしまいます。

通勤時間が短く、しかも駅やバス停から近い職場、もしくは自家用車での通勤がOKの職場を選ぶと、さらに楽な仕事だと感じるはずです。

年間休日が多い

看護師が楽な仕事をするためには、年間休日が多い職場で働きましょう。

看護師が楽な仕事をするためには、年間休日が多い職場で働きましょう。

具体的には年間休日が120日以上あると良いですね。

私は以前、大学病院で働いていました。大学病院は激務のイメージがありますよね。

確かに、勤務時間中は忙しかったですが、年間休日が130日程度あって、夏休みもうまくやり繰りすれば、1週間の連休を2回も取れたので、そんなにきついとは感じませんでした。


だから、仕事内容が楽なことを重視するのも重要ですが、年間休日数が多いことも同じくらい重要だと思います。

有給休暇を消化できる

有給休暇を希望した日に消化できると楽な仕事だと感じます。

有給休暇を希望した日に消化できると楽な仕事だと感じます。

有給休暇消化率ができるだけ高い職場、できれば80%以上のところで働くと、楽に働くことができると思います。

仕事がきついと感じる職場は、たいてい「有給休暇は捨てるのが当たり前」になっています。

有給休暇を希望した日に使えれば、最大年間休日が20日も増えるのです。

休みたい日に休むことができれば、仕事内容が少々きつくても、勤務中はバタバタ忙しくても、楽だと感じることができます。

人間関係が良好

看護師が楽にストレスなく働くためには人間関係もとても重要です。

看護師が楽にストレスなく働くためには人間関係もとても重要です。

人間関係が悪ければ、仕事内容が楽でもストレスが溜まります。

逆に仕事が大変でも、人間関係が良好な職場だったら、毎日楽しく働くことができます。

良い上司、良い同僚に恵まれると、看護師は楽に働くことができるのです。

楽な病棟はどこ?

楽な病棟

楽な病棟の要素は、次の4つです。

楽な病棟の4要件

  1. 急変が少ないこと
  2. 手術がないこと
  3. 力仕事が少ないこと
  4. 入退院が少ないこと

これら4つ要素を満たすのは、療養型病棟です。楽な病棟で働きたい人は、療養型病棟に転職すると良いでしょう。

楽な病棟の4要件

楽な病棟の4要件

楽な病棟の4要件

  1. 急変が少ないこと
  2. 手術がないこと
  3. 力仕事が少ないこと
  4. 入退院が少ないこと

この4つの要件がそろえば、病棟でも楽に働くことができます。

急変が少ないこと

急変が多いと、予定外の仕事が増えることになりますので、忙しくなります。

また、急変が多いということは、重症患者が多いということですので、常に精神的なプレッシャーを感じながら働かなくてはいけません。

手術がないこと

手術が多いと、毎日オペ出し・オペ迎えでバタバタしますし、オペ後は全身管理が必要で大変になります。

力仕事が少ないこと

体位交換や全身清拭、車イスへの移乗介助などの力仕事が多いと、体力的にきつくなりますし、腰痛に悩まされることになります。

20代のころから腰痛に悩んでいる看護師は多いですよね。
(参考:看護師の腰痛|緊急時の対処法5つから、改善&予防法8つ、おすすめ転職先8つまで!)

入退院が少ないこと

在院日数が短い病棟は、入院があるたびに、アナムネを取って、入院説明をし、看護計画を立てる必要があります。

退院する時には、サマリーを書かなければいけません。

入退院が多いと、それだけ仕事が増えるので忙しくなるのです。

急変が少なく、手術がなく、入退院がなければ、イレギュラーな仕事が少ないですので、残業せずに定時退勤できるのです。

少しでも楽な病棟で働くためには、急変が少なく、手術がない、力仕事が少なくて、入退院が少ない病棟を選ばなければいけません。

楽な病棟は「療養型病棟」

楽な病棟の4つの要件をそろえている病棟は療養型病棟です。

楽な病棟の4つの要件をそろえている病棟は療養型病棟です。

(1)(2)療養型病棟は、病状が落ち着いている慢性期の患者さんが多いので急変はありません。また手術を受ける患者さんもいません。

(3)療養型病棟には介護士が配置されているので、清潔ケアや移動介助などの力仕事は、基本的に介護士の仕事です。

(4)さらに、療養型病棟は入退院が非常に少ないです。

私が以前派遣で働いていた療養型病院は約100床でしたが、1年間での入退院は10件程度しかありませんでした。1ヶ月に1回あるかどうかですね。

また、療養型病棟は予定入院なので、事前に準備が完了しており、それほどバタバタすることなく、急性期病棟の緊急入院と比べるとだいぶ楽です。

療養型病棟は診療報酬上、急性期病棟のように在院期間が決められているわけではありません。

在院期間に制限はないので、年単位で入院している人が少なくありません。

そのため、療養型病棟は、患者の入れ替わりが非常に少なく、入退院は少ないのです。

急性期病棟は、皆さんご存知のように急変は多いし、外科系病棟だと手術は多いし、力仕事も多いし、入退院も多いので、残念ながら楽な病棟とはほど遠い職場となります。

あと、気になるのは、「回復期リハビリテーション病棟」ではないですか?

回復期リハビリテーション病棟は、リハビリ期の患者が入院しているので、(1)急変は少ないですし、(2)手術もありません。

(4)入退院も急性期病棟に比べると、少ないです。

(3)ただ力仕事は多いのです。

回復期リハビリテーション病棟にも、介護士が配置されていますが、ADLが低めで介助が必要な患者が多いので、看護師も介護業務をしないと追いつきません

回復期リハビリテーション病棟での夜勤は、ナースコール対応やトイレ介助に追われて、一息つく暇もないほどです。

「急変も少ないし、重症患者もいないから、回復期リハビリテーション病棟は楽そう!」と思って転職すると、間違いなく痛い目を見ます

ですから、少しでも楽な病棟で働きたい人は、療養型病棟を選ぶようにしましょう。

楽な診療科はこの3つ

楽な診療科はこの3つ

楽な診療科の要件は次の2つです。

楽な診療科の2要件

  1. 命にかかわる疾患が少ないこと
  2. 自立した患者さんが多め

この2つの要件に当てはまるのは

  • 皮膚科
  • 糖尿病内科(内分泌内科)
  • 心療内科

の3つです。楽な診療科で働きたい人は、皮膚科や糖尿病内科、心療内科を選ぶと良いでしょう。

楽な診療科の2要件

楽な診療科の2要件

楽な診療科の2要件は、

楽な診療科の2要件

  1. 命にかかわる疾患が少ないこと
  2. 自立した患者さんが多め

です。

命にかかわる疾患が少ないこと

命にかかわる疾患が多いと、看護師はいつも緊張感をもって働かなくてはいけないので、精神的なストレスが溜まります。

また、患者さんの看取りをすることも多いので、精神的に辛いことも多いです。

さらに、急変が多く忙しいので、残業も多めになりますよね。

ですから、命にかかわる疾患が少ない方が楽な診療科と言えます。

自立した患者さんが多め

ADLが自立した患者さんが多い診療科は、看護師が日常生活援助をしなくて良いので、力仕事や面倒な仕事が少なくて済みます。

「診療科」と言っても、病棟・外来・クリニックなどいろいろな職場があって、それぞれ楽な要素は異なります。

それでも、基本的には「命にかかわる疾患が少ないこと」と、「自立した患者さんが多め」という2つの要件に基づいて診療科を選べば、楽に働けるはずです。

楽な診療科は、皮膚科、糖尿病内科、心療内科

楽な診療科は、皮膚科、糖尿病内科、心療内科

楽な診療科としては、

  • 皮膚科
  • 糖尿病内科(内分泌内科)
  • 心療内科

の3つをおすすめします。

皮膚科、糖尿病内科、心療内科の3つは命にかかわる疾患は少なめです。

もちろん、ゼロではありませんが、循環器科や消化器科、呼吸器科に比べるとだいぶ少ないです。

またADLが自立している患者さんが多いですし、意識がはっきりしていて、意思疎通が取れる患者さんも多いですよね。

  • 整形外科は命にかかわる疾患は少ないですが、ADLは低く介助が必要な患者さんが多いです。
  • 眼科は目が見えないことを前提に看護をしなければいけないので大変なことも多いのです。
  • 精神科は外来やクリニックなら比較的楽かもしれません。

    心療内科と似たような患者さんが多いですし、精神科と心療内科を一緒に診療しているところが多いですから。

    ただ、精神科病棟は決して楽ではありません。

    暴れたり、暴言を吐く患者さんもいますし、精神科の患者さんの看護は、精神的なパワーが必要なので精神的に疲弊することが多いのです。

そのため、楽な診療科で働きたい人は、皮膚科や糖尿病内科、心療内科の中から選ぶと良いでしょう。

4.楽な職場はどこ

楽な職場はどこ

楽な職場の要件は次の6つです。

楽な職場の要件6つ

  1. 夜勤がないこと
  2. 力仕事がないこと
  3. 重症患者がいないこと
  4. 残業がないこと
  5. 日曜祝日が休みであること
  6. 患者数(利用者数)が決まっていること

この6つの要素を満たす職場は

  1. 特別養護老人ホーム
  2. デイサービス
  3. 健診センター
  4. 保育園

の4つがあります。

楽な職場の要件

楽な職場の要件

楽な職場の要件は

楽な職場の要件6つ

  1. 夜勤がないこと
  2. 力仕事がないこと
  3. 重症患者がいないこと
  4. 残業がないこと
  5. 日曜祝日が休みであること
  6. 患者数(利用者数)が決まっていること

の6つです。この6つの要件がそろえば楽に働けると思います。

夜勤がないこと

夜勤がないと楽なのは当然のことですよね。

日勤のみの職場で働くと、規則正しい生活を送ることができるので、体力的にも楽ですし、プライベートを充実させることができます。

力仕事がないこと

力仕事がないことも、大切な要素です。

重症患者がいないこと

また、重症患者がいないと、精神的なプレッシャーがないですし、急変も少ないので楽なのです。

残業がないこと

残業がないと定時退勤できるので、体力的に楽で、仕事の後に食事やショッピングなど、いろいろな予定を入れやすいです。

日曜祝日が休みであること

そして、日曜祝日が休みだと、家族や友人、恋人と予定を合わせることができます。

患者数(利用者数)が決まっていること

患者数(利用者数)が決まっていると、「突然患者が押し寄せて忙しくなる」ということがないので、時間的に余裕をもって働くことができるでしょう。

この6つの要素がそろった職場なら、看護師でも楽に働くことができるはずです。

楽な職場は特養、デイサービス、健診センター、保育園

楽な職場は特養、デイサービス、健診センター、保育園です

楽な職場は以下の4つです。

  1. 特別養護老人ホーム
  2. デイサービス
  3. 健診センター
  4. 保育園

これらの職場は日勤のみです。

また、特養やデイサービスは介護士がいるので、介護業務は介護士が中心になって行いますので、力仕事は少なめです。

健診センターは健康な人を対象にした仕事で、採血が主な業務になりますので力仕事はありません。

保育園では乳児のオムツ交換をしたり、だっこをしたりすることはありますし、一緒に園庭で遊びますので、体力を使うこともあります。

それでも成人ではなく、乳幼児相手なので、楽だと思います。

4つの職場とも重症患者はいませんし、日曜祝日はお休みです。

そして、患者数(利用者数)が決まっていますので、計画的に余裕をもって働くことができるでしょう。

「クリニックが入ってないけど、クリニックは楽な仕事ではないの?」という疑問を持つ人もいると思います。


クリニックは、正直に言って微妙なラインだと思います。

楽なクリニックもありますが、ヘトヘトになって、楽とは程遠いようなクリニックもあります。

クリニックは楽な職場の要素のほとんどを満たしていますが、患者数が多く、患者数に対しての看護師数が少ないクリニックが結構あります。

クリニックは、病院のように看護師の配置基準は明確に決められていませんから。

そのようなクリニックはとても忙しくなり、常にバタバタしながら働かなくてはいけないので、全然楽ではありません。むしろ、きつい職場です。

クリニックでの中で比較的楽なのは、予約診療制のクリニックです。

予約診療制なら、患者数があらかじめ決まっていますので、時間に追われることなく、比較的ゆとりを持って楽に働くことができるでしょう。

楽な職場で働きたいなら、特養、デイサービス、健診センター、保育園をおすすめします。クリニックで働きたい人は、予約診療制のところを選びましょう。

楽で高収入を稼げる仕事は?

楽で高収入を稼げる仕事はこれ

楽で高収入を稼げる仕事は、有料老人ホームと透析クリニック、CRC(治験コーディネーター)です。

これら3つは比較的楽な仕事ながら、良い給料を稼ぐことができます。

「楽で高収入」の仕事の要件

「楽で高収入」の仕事の要件

「楽に高収入を得たい!」という場合の目標は「楽な仕事の割に結構良い給料」に設定しましょう。

「仕事が楽。しかも、超高収入」、残念ですが、現実にはこんな理想的な仕事はありえません。

理想を追い求めていても、結局は楽な仕事は見つからないし、高収入を稼ぐこともできないので、まずは現実を見つめましょう。

「高収入」という定義は、あなたの価値観次第でもあります。

たとえば、楽な仕事で、その割に結構良い給料を稼げたら、これも高収入と思えますよね。

でも、たとえば800万円以上を稼げても、超激務で責任が重い仕事をしていたら、割に合わなくて高収入とは感じにくいでしょう。

世の中には「仕事がとても楽で、超高収入の仕事」なんて存在しません。

”世界のどこかの国の、聞いたことが無い仕事”などで、そういう仕事があるのかも知れませんが、少なくとも看護師の世界には存在しないのです。

だから、看護師が楽で高収入を狙うためには、「楽な仕事な割に結構良い給料を稼げる仕事」を探すべきです。

楽で高収入を稼げるのは有料老人ホームと透析クリニック、CRC

楽で高収入を稼げるのは有料老人ホームや透析クリニック、CRC

楽で高収入を稼げるのは

  1. 有料老人ホーム
  2. 透析クリニック
  3. CRC(Clinical Research Coordinator=治験コーディネーター)

です。

厚生労働省の「平成28年 賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均年収は480万円です。

有料老人ホーム

有料老人ホームは、施設によっても違いますが、年収500万円前後は稼ぐことが可能です。

有料老人ホームは介護士がいて力仕事は少なく、重症患者もいませんので、「楽な仕事でその割に結構良い給料を稼げる仕事」なのです。

透析クリニック

透析クリニックでは年収450万円前後は稼げます。

透析クリニックは、ルーティンの仕事が多いですし、日曜は休みで夜勤はありません。

1日に来院する患者の人数も、患者1人当たりの所要時間も決まっています。

この条件がそろっていて、ほかの日勤のみの仕事に比べて給料が高めなら、楽でその割に結構良い収入を稼げる職場と言えますよね。

CRC(治験コーディネーター)

最後にCRCです。CRCは転職当初は年収は350~400万円ですが、経験を積んでいくと、年収500万円前後を稼ぐことができます。

CRCはデスクワークが中心で力仕事はないですし、土日祝日がお休みで、もちろん日勤のみの仕事です。

これを考えると、CRCは楽で結構良い収入を稼げる職場なのです。

CRCの仕事に興味がある人は、「治験コーディネーターに看護師から転職したい!簡単まる分かり解説!&FAQ11個」を参考にしてください。

まとめ

「楽な仕事の4つの条件」と、「楽な病棟・楽な診療科・楽な職場」、「高収入で楽な仕事」をまとめました。

ただ1つ注意しなければいけないのは、「楽な仕事の4つの条件」に留意して、「楽な病棟・診療科・職場」の求人を選べば、絶対に楽であるというわけではないことです。

楽だと感じる条件は人それぞれなので、最終的にはあなたの価値観次第なのです。

私は楽だと感じても、あなたにとっては楽だと感じないかもしれません。

また、子育て中や家庭の事情など、あなたの置かれている環境によっても、「楽」は違いますよね。

あなたの希望に合っている仕事・職場で働くことが、楽だと感じる近道です。

あなたにとっての楽な仕事・楽な職場はどこなのかと迷っている場合は、看護師専門の転職支援サービスを使ってみたらいかがでしょう。

転職支援サービスでは、非公開求人を含めて、たくさんの種類の看護師求人を扱っています。

あなたが「どういう仕事を楽だと感じるのか」「どんな仕事が理想なのか」率直に伝えれば、専任のコンサルタントがさまざまな助言や情報を教えてくれるでしょう。

誰かに話すことによって、自分の理想や、潜在的な希望、現実的な条件が整理されて、はっきりと「こういう職場や仕事がいい」と見えてくると思います。

利用は完全無料で、止めたい時にはいつでも利用を止められますので、気軽に利用して見るのも手だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【無料】イチオシの看護師転職サービスはコチラ!

「看護ワールド」イチオシの看護師専門転職エージェントは「ナース人材バンク」さんです。年間利用者10万人以上で、非常に多くの看護師さんに評価されている事が分かります。


運営は安心・信頼の東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスさん。全国16拠点を中心にサービスを展開していて、どこに住んでいても充実したサポートが受けられます。


もちろんサービスは全て無料!全国の医療機関の支えで成立しているサービスなので、看護師さんには負担は一切かかりません。


理想の職場探しから、仕事探しの相談、聞きづらい質問や条件・希望を代わりに交渉してくれたり、面接や履歴書などの書き方まで専門のコンサルタントがサポートしてくれます。


kangoworld-in-banner2a-555


→→  【PR 】 看護師転職の実績No1!「ナース人材バンク」はコチラ!


無料で非公開求人を見てみる!>>

SNSでもご購読できます。