年収1,000万円稼げる看護師の仕事ならこの3つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
看護師でも年収1000万円を得ることは可能です!

「看護師ってこんなに大変な仕事なのに、何で給料が低いんだろう」と仕事内容と年収が見合っていないことについ不満を持ちがちですよね。

では、年収がいくらだったら満足できるでしょうか?世の中の誰でも大満足できる年収といえば、「1,000万円」という金額を思い浮かべる人が多いと思います。

看護師の平均年収は473万円ですので、看護師が年収1,000万円を稼ぐのは簡単なことではありません。看護師の給与水準が高い国立病院機構でも、看護部長まで昇進して、ようやく年収は900万円程度です。

でも、看護師が年収1,000万円を稼ぐ方法はあります。その方法とは、美容外科クリニックで稼ぐこと、臨床開発モニターとして働くこと、訪問看護ステーションを開設することの3つです。

看護師転職の実績No1!「ナース人材バンク」はコチラ!

美容外科クリニックで年収1,000万円

美容外科クリニックは能力次第で年収1,000万円を狙うことができる職場で、しかも日勤のみで休日が多めのため、看護師の職場の中でも好条件の職場と言えるでしょう。

美容外科クリニックで年収1,000万円を稼ぐためには、ノルマを達成し、業績を上げないといけませんので、接遇スキルが高く、営業が得意である人が美容外科クリニックに向いています。

看護師が美容外科クリニックで年収1,000万円を稼ぐ方法。

美容外科クリニックで年収1,000万円を狙う方法

美容外科クリニックに勤務すると、看護師は年収1,000万円を狙うことができます。美容外科クリニックは、自由診療のクリニックですので、一般的なクリニックよりも給料が高く、さらに能力次第では報奨金を得ることができるため、年収1,000万円を狙えるのです。

美容外科クリニックの求人の一例をご紹介します。

【求人情報の一例】
給与 正看護師:月給36~70万円(試用期間3ヶ月/33万円以上)
年収例:1,000万円(月給50万円×12ヶ月+賞与150万円、夏・冬季+業績報奨金250万円/入社1年
勤務時間 9:30~20:00(シフト制、実働8時間)
休日 4週8休制、ゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始、有給、慶弔
必要な資格・経歴 看護師の有資格者/美容外科又は外科での実務経験がある方歓迎
その他 ブランクOK、産休・育児休暇取得実績あり

この求人情報を見ると、美容外科クリニックの看護師は、能力次第で入社1年目から年収1,000万円を狙うことができるんです。しかも、日勤のみで休日もしっかりありますので、美容外科クリニックは高収入を狙える好条件の職場と言えるでしょう

美容外科クリニックで年収1,000万円を稼げるのはこんな人

美容外科クリニックで年収1,000万円を稼げるのは、コミュニケーションスキルが高く、「患者さん=お客様」として接することや営業が苦にならない人です。

先ほどの美容外科クリニックの求人情報の給与欄を見て、「『業績報奨金』とはなんだろう?」と疑問を持った人もいると思います。

美容外科クリニックでは一般的な保険診療のクリニックとは違い、看護師に施術の成約件数や指名数、化粧品の販売金額などのノルマが課せられることが珍しくありません。

そして、そのノルマが美容外科クリニックで年収をアップさせるためのポイントなのです。

ノルマを達成したり、優れた業績を上げると業績報奨金という形で給料に反映されますし、営業成績が良ければ、その能力を評価されて基本給のアップにもつながります。

そのため、接遇スキルが高く、白衣を着ての営業が苦にならない人、むしろ得意な人が美容外科クリニックで年収1,000万円を狙えるのです。

臨床開発モニターで年収1,000万円

臨床開発モニターは、看護師が年収1,000万円を稼ぐことが可能な仕事の1つです。臨床開発モニターは最初はそれほど年収は高くありませんが、経験を積みスキルアップしていくことで、年収1,000万円以上稼ぐことも夢ではないのです。

臨床開発モニターで年収1,000万円を狙うためには、コミュニケーションスキルと英語力が必要となります。

看護師が臨床開発モニターで年収1,000万円稼ぐために必要なことは何か。

臨床開発モニターで年収1,000万円を狙う方法

臨床開発モニター(Clinical Research Associate=CRA)は、年収1,000万円以上を稼ぐことができる仕事です。

臨床開発モニターは製薬会社や、製薬会社から委託される外部機関(CRO=Contract Research Organization)に就職して、新薬を開発した製薬会社側から治験をサポートする仕事です。
(引用:看護師の企業求人の種類と基礎知識、求人選択の2つのポイント

臨床開発モニターは特別な資格が必要なわけではありませんが、看護師の資格や経験を活かして働くことができます。

臨床開発モニターの給料は、最初はそれほど高くなく、未経験だと年収400~450万円が相場になります。でも、臨床開発モニターとして仕事を覚え、経験を積んでいくと、病院やクリニックとは比べ物にならないほど給料が上がっていきます。

また、経験に応じてそのスキルを評価してくれる会社(CRO=Contract Research Organization)や製薬会社に転職すれば、40~50代で年収1,000万円を超えることは珍しくないのです。

臨床開発モニターの求人の一例をご紹介します。

【求人情報の一例=臨床開発モニター未経験の場合】
給与 年収400万円~
モデル年収 CRA経験2年:420万円、CRA経験5年:650万円
勤務時間 9:00~18:00
休日 完全週休2日
必要な資格・経歴 看護師経験2年前後

【求人情報の一例=臨床開発モニター経験ありの場合】
給与 1,000~1500万円
勤務時間 9:00~17:30
休日 完全週休2日
必要な資格・経歴 CRA経験10年以上

臨床開発モニターで年収1,000万円を狙うなら、最初は臨床開発モニター未経験でもOKの求人に応募し、そこで臨床開発モニターの経験を積んで、それから年収1,000万円以上を狙えるCROや製薬会社に転職すると良いでしょう。

臨床開発モニターで年収1,000万円を稼げるのはこんな人

臨床開発モニターで年収1,000万円を稼ぐためには、コミュニケーションスキルと英語力が必須になります。

臨床開発モニターは治験を行う中での調整役となりますので、臨床開発モニターをとして実力をつけていくためにはコミュニケーション能力が必須なのです。

また、年収1,000万円以上を狙うなら、管理職やプロジェクトリーダーになる必要がありますので、部下を指導しまとめていくためにも、コミュニケーション能力は欠かすことができません。

そして、臨床開発モニターで高収入を狙うなら英語力は必須です。近年は国際共同治験を行うCROが増えてきていますし、仕事柄英語の論文を読まなくてはいけないこともあります。

さらに、日系企業よりも外資系企業のほうが給料が高い傾向にありますので、ビジネス英語が身についていると、臨床開発モニターで年収1,000万円を狙うのに有利に働くのです。

訪問看護ステーションを開設して年収1,000万円

訪問看護ステーションを開設して、自ら経営者となって事業を拡大すれば、年収1,000万円を狙うことも可能です。

訪問看護ステーションを開業するためには、特別な資格は必要ありませんが、経営を軌道に乗せ事業を拡大するためには、訪問看護ステーションでの勤務経験や人脈の広さ、経営に必要な思考や判断力が必要となります。

看護師が訪問看護ステーションを開設して年収1,000万円を稼ぐにはどうすれば良いか。

訪問看護ステーションを開設して年収1,000万円を狙う方法

看護師が年収1,000万円を狙うなら、自ら訪問看護ステーションを開設し、自分が経営者となる方法があります。自ら訪問看護ステーションを経営し、経営を軌道に乗せて、事業を拡大していけば、年収1,000万円以上を稼ぐことも不可能ではありません。

訪問看護ステーションを開業するのに、特別な資格は必要ありません。看護師は助産師と違い、資格自体で独立開業をすることはできませんが、会社を設立して、訪問看護ステーション開業の指定取得を受ければ、訪問看護ステーションを開業することができます。

自ら経営者として、訪問看護ステーションを運営し、事業を拡大していけば、年収1,000万円どころかそれ以上を稼ぐことも十分可能です。

ただ、経営者になるということは、事業が成功すれば、それだけ年収を増やすことができますが、事業が失敗し倒産すると、年収1,000万円どころか借金を背負うリスクがあることは知っておいて下さい。

訪問看護ステーションを開設して年収1,000万円を稼げるのはこんな人

訪問看護ステーションを開設して年収1,000万円を稼ぐことができる看護師さんは、まず何より訪問看護ステーションでの勤務経験がある人です。

訪問看護ステーションを開業するためには、資格が必要ないといっても、訪問看護ステーションでの勤務経験があるとないとでは大違いです。また、経営を軌道に乗せるためには、訪問看護の経験だけでなく、訪問看護ステーションの管理者の経験があったほうが良いでしょう。

そのため、まずは訪問看護ステーションに勤務して、スキルアップ・キャリアアップする必要があります。

訪問看護師向けの外部研修を開いているところは、日本訪問看護財団や全国訪問看護事業協会、各都道府県看護協会、各都道府県訪問看護ステーション連絡会(協議会・連絡協議会)などがあります。
(引用:訪問看護師になる&なった後の目的別3つの研修を徹底解説!

このような研修を受けることで、訪問看護ステーションでの経験を積み、スキルアップ・キャリアアップすることが、訪問看護ステーションを開設するための第一歩になります。

また、雇用する看護師の人員確保のためにも、広い人脈があるとベターです。さらに、経営のためには長期的な視点で物事を考えられる能力や判断力も必要となるでしょう。

まとめ

看護師が病院勤務で1,000万円を稼ぐのは難しいですが、病院以外の場なら、年収1,000万円を稼ぐことは不可能ではありません。

でも、年収1,000万円は看護師なら誰にでも稼ぐことができるというわけではありません。「美容外科クリニックにも向いてないし、臨床開発モニターの仕事をする自信もない、訪問看護ステーションの経営も無理」という人も多いでしょう。

そういう人は、1,000万円という金額にこだわらず、年収700万円程度で比較的簡単に稼ぐことができる仕事を探すのも良いと思います。年収700万円でも十分に高収入ということができますし、年収700万円なら1,000万円よりも稼げるチャンスは広がります。

どうしても、「私は年収1,000万円を目指したい!」というあなたは、転職支援サービスを使うと良いでしょう。年収1,000万円を狙える美容外科クリニックや臨床開発モニターの求人は非公開となっていることが多いので、転職支援サービスに登録することが年収1,000万円を目指すための第一歩となるのです。

>> 【 無料 】登録1分!超好待遇の職場が見つかると評判!「ナース人材バンク」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【無料】イチオシの看護師転職サービスはコチラ!

「看護ワールド」イチオシの看護師専門転職エージェントは「ナース人材バンク」さんです。年間利用者10万人以上で、非常に多くの看護師さんに評価されている事が分かります。


運営は安心・信頼の東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスさん。全国16拠点を中心にサービスを展開していて、どこに住んでいても充実したサポートが受けられます。


もちろんサービスは全て無料!全国の医療機関の支えで成立しているサービスなので、看護師さんには負担は一切かかりません。


理想の職場探しから、仕事探しの相談、聞きづらい質問や条件・希望を代わりに交渉してくれたり、面接や履歴書などの書き方まで専門のコンサルタントがサポートしてくれます。


kangoworld-in-banner2a-555


→→  【PR 】 看護師転職の実績No1!「ナース人材バンク」はコチラ!


無料で非公開求人を見てみる!>>

SNSでもご購読できます。