絶対失敗しない看護師のクリニック求人選び全16チェック点

クリニックの求人を看護師はどう選ぶのがいいか

看護師がクリニックの求人を選ぶ時には、診療科や診療時間、有床クリニックかどうか、自由診療クリニックかどうか、給料とボーナス、休日や有給消化率、社会保険の種類、休憩時間、立地条件や通勤手当、住宅手当、教育制度、残業の有無、雑用や仕事内容、院長の性格の16個のチェックポイントを確認しなければいけません。

「チェックポイントが16もあるなんて多すぎて面倒くさい!」と思うかもしれませんが、目を通して頂ければわかりますが、実はそれほど面倒ではありません。しかも、このチェックポイントを全部確認しないと、クリニックの求人選びに失敗して、「転職なんてしなければ良かった」と後悔することになりかねないのです。

続きを読む

失敗しない!看護師の正しい職務経歴書のカンタン書き方

看護師の求人には職務経歴書が重要

気に入った求人に応募しようと思って、必要な書類を確かめたら、履歴書のほかに「職務経歴書」と書いてあって、「職務経歴書って一体何だろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

職務経歴書とは、これまでの仕事の経歴や業務を通じて得たスキルを説明するための書類です。採用を決める際に考慮される大切なもので、採用されるかどうかは職務経歴書にかかっていると言っても過言ではありません。

職務経歴書とは一体どんな書類なのか、書く時の注意点や例文など、職務経歴書について知っておきたいことを順番にご紹介していきます。

続きを読む

「看護師に向いてない」と悩むあなたへ!5つのパターン別解決法

失敗した看護師。看護師に向いてない?

あなたが、もし今、「看護師に向いてない」と悩んでいて、看護師を辞めようと考えているなら、「向いてない」という理由で辞めるのは大変もったいないですよ!

いくらかの工夫をしたり、考え方を変えて自分の長所を活かすようにすれば、「私、意外と看護師に向いてるかも!」と思えるようになります。

テキパキ動けないことに悩んでいる人なら、勤務前のシミュレーションを大切にしたり、介護施設やデイサービスで働くのもいいでしょう。

コミュニケーションが苦手なら、聞き上手を目指して努力したり、療養型病院や集中治療部門、手術室に勤務するのがオススメです。

医療行為がストレスになる人は、考え方を変えてみたり、医療行為がないデイサービスや保育園、企業の医務室で働くと良いでしょう。

ミスが多くて看護師に向いてないと悩んでいるなら、確認とメモを取る習慣をつけ、予約診療制のクリニックで働くことなどで悩みは解決します。

また、職場の人間関係に悩んでいるなら、仕事上の付き合いと割り切ったり、個人行動が多い訪問看護ステーションや男性看護師が多い職場で働く道もあります。

ちょっとした工夫や努力をしたり、あなたに合った職場で働くことで、「看護師に向いてない」という悩みを解決することができるのです。

続きを読む

看護師の3つの「きつい」の解決法~精神・身体・子育て~

看護師きついの解決法

看護師の仕事は、とてもハードです。体力的にも精神的にもきついですよね。また、職場環境によっては、育児との両立が難しい時もあるでしょう。

力仕事や立ち仕事ばかりで毎日のように残業があり、夜勤回数が多ければ、体力的にきついと感じるのは仕方のないことです。

また、患者さんの命にかかわる責任の重い仕事をしていれば、精神的にきつくなるのは当然ですし、患者さんの対応や職場の人間関係でストレスを抱えることもあります。

そして、残業が多く、休みの融通が利かない環境では、育児と仕事の両立がきつくて、悩みを抱えているママさん看護師も多いでしょう。

看護師が「きつい!」と感じた時はどうすれば良いのか、悩み別の解決法をご紹介していきます。

続きを読む

リンクナースって何?リンクナースの役割・活動と3大メリット

リンクナースは専門チームと現場をつなぎます

あなたの病院にリンクナースシステムはありますか?リンクナースシステムは、イギリスで確立されたシステムです。

リンクナースは病院内の専門チームと現場の病棟をつなぐ役割をする看護師のことで、専門チームから専門的な知識や技術を学んで、それを所属する病棟に浸透させる役割を担っています。

当初は感染管理分野だけのシステムでしたが、現在は感染管理だけでなく褥創対策や栄養サポート、緩和ケア、退院調整、摂食・嚥下など様々な分野でリンクナースシステムが機能しています。

リンクナースになると、看護師として成長できる、やりがいを感じられる、キャリアアップへの道が開かれる、といったメリットがあります。

続きを読む

ブランクがある看護師の不安を解消する2つの復職法

ブランクがあっても不安無く復職できます

今は看護師をしていないけど、子育てが一段落したり、経済的な理由などでまた看護師として働きたいと思う人も多いでしょう。でも、ブランクがあると、また看護師としてやっていけるのか不安に思うものです。

今の自分と現役でバリバリ働いていた頃の自分を比べてみると、また同じように働ける気がしないと思うのは仕方がないのかもしれません。

でも、ブランクが不安だからといって、また看護師として働くのを諦めますか?せっかく看護師免許を持っているのですから、それを使わないのはもったいないですよね。

どうやったらブランクの不安を解消できるのかを一緒に考えてみましょう。

続きを読む

看護師に疲れた時すぐ取りかかるべき3つの解決法

看護師に疲れた

看護師の仕事は激務です。力仕事や夜勤で身体はクタクタ。職場の人間関係や患者さん・医師とのかかわりで精神的にグッタリ。毎日「疲れた、もう嫌」と考えながら仕事をしている看護師さんも多いと思います。

「疲れた」を解消するには、視点を180度変えて考えてみたり、思い切って休職制度を使ったり、退職してゆっくりと休む必要があります。

「疲れた」をそのままにして仕事を続けていると、身体を壊したり、バーンアウト症候群(うつの一種)を発症するリスクが高くなります。看護師に疲れたと感じたら、あなた自身を守るためにすぐに対策を取りましょう。

続きを読む

保育園の看護師の仕事を徹底解説!&求人の選び方のポイント4つ

看護師は保育園で働けます

看護師が保育園で働けるって知っていますか?

体の弱い子、アレルギーを持つ子、慢性疾患の子でも安心して保育園に通えるように、「0歳児が6人以上いる認可保育園」では、看護師1人を保育士1人としてみなすことが出来るんです。

「看護師として保育園で働けるなら働いてみたい!」と思っている看護師さんも多いと思います。

でも、あらかじめ保育園で働くメリット・デメリット、具体的な仕事内容、必要なスキル、求人を選ぶ時のポイントなどを知っておきましょう。

そうしないと、「イメージしてたものと違う」という事になりかねませんので注意が必要です。

良く理解して納得の上、自分の理想に合った保育園を選びましょう。

続きを読む

「私、うつ?」看護師さんなら先ずすべき1つの簡単チェック

うつは早めの対策で早期に治癒します

看護師はストレスが多い職業ですので、「うつ」になりやすいと言われています。「最近、何をしても楽しくない」、「やる気が出ない」、「気分が落ち込む」という「うつ」の症状に悩んでいる看護師さんも多いと思います。

「ひょっとして私、うつかな?」と思ったら、早めの対策が肝心です。まずは「うつ病」かどうかをチェックしましょう。うつ傾向にある人とうつ病の人では、対策が違います。症状に合わせた対策法を取ることで、早く治すことができるのです。

続きを読む

看護師が副業するなら絶対知っておくべき2つの注意事項

今のお給料に満足している看護師さんは少ないと思います。キャリアアップやスキルアップもいいですが、もっと簡単に大幅な収入アップをねらうには、副業が一番の近道です。でも、以下の2つの注意事項をよくチェックしないと収入アップどころか、最悪仕事を失うなんてことにもなりかねませんから、よく目を通してください。

副業をする時には、まず副業をしてもOKかどうかを確認しましょう。そして、副業をするなら、職場から離れた場所を選んだり、確定申告や住民税の支払いにも気をつけなければいけません。

続きを読む